スキップしてメイン コンテンツに移動

XPS13 9360

ブルースクリーン連発に耐えかねて、Intel wifiに交換した。
本当は8265を中国からお取り寄せしたかったところだが、今すぐあせろすとはサヨナラしたかったのでアマゾンの8260にしておいた。
裏蓋は、T440s、X240より少しマシと言う程度に開けにくかった。



交換後、またタッチパッドとさよならするようになった。
BIOS 1.2.3 へ二、三回更新をかけると見失わなくなった。
なんだ、このクソPC...

その後、一度だけサスペンド後に「I2C HID Device が code 10 で!になりつつも、タッチパッドはただのマウスとして動作する」というまた謎な症状が一度発動しつつも、普通に使えるようになった。

なお、1.0.0 へも一度更新してみたが、1.2.3から1.0.0へは、「このブートブロックはダウングレード禁止に設定されている」的なメッセージが表示されて、もう戻れないらしい。

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

今日の都電