スキップしてメイン コンテンツに移動

GPT起動ディスクを移行する

$ sudo fdisk /dev/sdb

コマンド (m でヘルプ): g
新しい GPT ディスクラベル (GUID: C761A806-60C3-413D-BC76-FBF103DC1B94) を作成しました。

コマンド (m でヘルプ): n
パーティション番号 (1-128, 既定値 1): 
最初のセクタ (2048-250069646, 既定値 2048): 
最終セクタ, +セクタ番号 または +サイズ{K,M,G,T,P} (2048-250069646, 既定値 250069646): +100M

新しいパーティション 1 をタイプ Linux filesystem、サイズ 100 MiB で作成しました。

コマンド (m でヘルプ): t
パーティション 1 を選択
16 進数コード (L で利用可能なコードを一覧表示します): 1
パーティションのタイプを 'Linux filesystem' から 'EFI System' に変更しました。

で出来上がったEFIパーティションをFAT32でフォーマットして、旧ディスクのEFIパーティションの内容コピーしとけばOK

コメント

このブログの人気の投稿

今日の都電

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ
[root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!