スキップしてメイン コンテンツに移動

GPT起動ディスクを移行する

$ sudo fdisk /dev/sdb

コマンド (m でヘルプ): g
新しい GPT ディスクラベル (GUID: C761A806-60C3-413D-BC76-FBF103DC1B94) を作成しました。

コマンド (m でヘルプ): n
パーティション番号 (1-128, 既定値 1): 
最初のセクタ (2048-250069646, 既定値 2048): 
最終セクタ, +セクタ番号 または +サイズ{K,M,G,T,P} (2048-250069646, 既定値 250069646): +100M

新しいパーティション 1 をタイプ Linux filesystem、サイズ 100 MiB で作成しました。

コマンド (m でヘルプ): t
パーティション 1 を選択
16 進数コード (L で利用可能なコードを一覧表示します): 1
パーティションのタイプを 'Linux filesystem' から 'EFI System' に変更しました。

で出来上がったEFIパーティションをFAT32でフォーマットして、旧ディスクのEFIパーティションの内容コピーしとけばOK

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

今日の都電