スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 14, 2014の投稿を表示しています

debug カーネルの出処。

[root@ovn1 ~]# yum remove kernel-debug-3.12.6-300.fc20.x86_64 Resolving Dependencies --> Running transaction check ---> Package kernel-debug.x86_64 0:3.12.6-300.fc20 will be erased --> Processing Dependency: kernel-uname-r = 3.12.6-300.fc20.x86_64+debug for package: kernel-debug-modules-extra-3.12.6-300.fc20.x86_64 --> Running transaction check ---> Package kernel-debug-modules-extra.x86_64 0:3.12.6-300.fc20 will be erased --> Processing Dependency: kernel-modules-extra for package: gfs2-utils-3.1.6-3.fc20.x86_64 --> Running transaction check ---> Package gfs2-utils.x86_64 0:3.1.6-3.fc20 will be erased --> Processing Dependency: gfs2-utils for package: 1:libguestfs-1.24.4-1.fc20.x86_64 --> Running transaction check ---> Package libguestfs.x86_64 1:1.24.4-1.fc20 will be erased --> Processing Dependency: libguestfs = 1:1.24.4-1.fc20 for package: 1:libguestfs-tools-c-1.24.4-1.fc20.x86_64 --> Processing Dependency: libguestfs.so.0()(64bit) for packag…

kernel +debug

oVirtのノード達、ネットワークの性能が全く出なかった。
概ね 300MBps 程度で頭打つし、まれにdroppedパケット出るし。
ケーブル替えて、ハブ替えて、NAS疑ったりして改善せず。
oVirtのノードの2台のみ性能がでない、他のfedora20ホストは大丈夫。
しかもoVirtノード2台は両方NUCだが、赤NUCと黒NUCなのでNICはまるで違う。うーむ。
などと言ってるうちに、気づいた。
[root@ovn1 ~]# uname -a Linux ovn1.unya.org 3.12.6-300.fc20.x86_64+debug #1 SMP Mon Dec 23 16:30:32 UTC 2013 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux ....
こんなに効くのか...
というところで、EFI grub2でgrub2-rebootが効かないへ続く。