スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 2, 2014の投稿を表示しています

oVirt self hosted engine

fedora20でself hosted engineなoVirtを作ってみた。
fedora20を、切り戻しが楽なのでbtrfs でインストールインストール自体はMinimalで。fedora20でbtrfs root でインストールすると、/ は subvolume root として構築される。subvolume root と同列の位置にスナップショットを作っておくと、initrdのemergency shellあたりからも簡単に差し替えが出来て便利。 grubプロンプトでこのへんを適当に書き換えてemergency shellにおっことしてrootflags=subvol=root こんな感じで切り戻しできる# mount /dev/sda4 /root # cd root # ls home root saved_sanpshot # btrfs subvol delete root # btrfs subvol snapshot saved_snapshot root # reboot selinux切るenforced状態で使いたいのはやまやまだが、engine-setupが随所でまっとうに動かないので耐え切れずにdisabled。firewall-cmdが悉くストールしたり。 リポジトリの準備# yum install http://ovirt.org/releases/ovirt-release-fedora.noarch.rpm enablefedora-virt-preview ovirt-nightly disableovirt-stable ovirt-3.3.2 パッケージインストール# yum install ovirt-hosted-engine-setup ここで落る可能性が非常に高いので修正。 /usr/share/ovirt-hosted-engine-setup/plugins/ovirt-hosted-engine-setup/engine/add_host.py 438行目でおちるので、437行目〜441行目コメントアウト iscsi-initiator-utils入れ替えfedora20のiscsi-initiator-utilsは腐っているので、update-testingのものに入れ替え。 # yum instal…