スキップしてメイン コンテンツに移動

富豪的にリカバリパーティション残してるから安全だぜっ!と思っていたのにリカバリできなかった。そんなとき

Windows8(8.1?)のリカバリパーティション残したまま、Windowsは一度も立ち上げずに、パーティションごと消してFedoraを入れていた。
都合により、リカバリしようとすると、
PCを初期状態に戻すことができません。必要なドライブパーティションが見つかりません。
とか言いだすわけです。どうやら、ターゲットではなくて、ソースが認識できないよう。


  1. 慌てず騒がず、別のWindwos8機でUSB回復ドライブを作る。
  2. 回復ドライブで起動する。たぶん、回復ドライブがC:にアサインされ、近場(E:だった)にリカバリパーティションがアサインされる。
  3. リカバリパーティション内の RecoveryImage 配下のinstall.wimを除くファイル達をすべてC:\sources配下にコピーする。
    install.wimはデカすぎてFATな回復ドライブにはコピーできないはず。
  4. 心を無にして、
    dism /Split-Image /ImageFile:E:\RecoveryImage\install.wim  /SWMFile:C:\sources\install.swm /FileSize:2000
    
終了後、おもむろにリブートすると、回復ドライブはリカバリメディアに化けているはず!

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。 サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。 HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT 購入価格 5,000 円

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!