スキップしてメイン コンテンツに移動

python-ethtoo-0.10系ではovirt stable の vdsmd が動かない

Apr 16 03:44:42 ovn2 journal: vdsm vds ERROR unexpected error
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/share/vdsm/BindingXMLRPC.py", line 1070, in wrapper
    res = f(*args, **kwargs)
  File "/usr/share/vdsm/BindingXMLRPC.py", line 393, in getCapabilities
    ret = api.getCapabilities()
  File "/usr/share/vdsm/API.py", line 1185, in getCapabilities
    c = caps.get()
  File "/usr/share/vdsm/caps.py", line 369, in get
    caps.update(netinfo.get())
  File "/usr/lib64/python2.7/site-packages/vdsm/netinfo.py", line 557, in get
    netAttr.get('qosOutbound'))
  File "/usr/lib64/python2.7/site-packages/vdsm/netinfo.py", line 487, in _getNetInfo
    ipv4addr, ipv4netmask, ipv6addrs = getIpInfo(iface)
  File "/usr/lib64/python2.7/site-packages/vdsm/netinfo.py", line 317, in getIpInfo
    ipv6addrs = devInfo.get_ipv6_addresses()
SystemError: error return without exception set
]# yum downgrade python-ethtool.x86_64
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package python-ethtool.x86_64 0:0.8-2.fc20 will be a downgrade
---> Package python-ethtool.x86_64 0:0.10-1.fc20 will be erased
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package                Arch           Version             Repository      Size
================================================================================
Downgrading:
 python-ethtool         x86_64         0.8-2.fc20          fedora          33 k

Transaction Summary
================================================================================
Downgrade  1 Package

Total download size: 33 k
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
python-ethtool-0.8-2.fc20.x86_64.rpm                       |  33 kB   00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  Installing : python-ethtool-0.8-2.fc20.x86_64                             1/2
  Cleanup    : python-ethtool-0.10-1.fc20.x86_64                            2/2
  Verifying  : python-ethtool-0.8-2.fc20.x86_64                             1/2
  Verifying  : python-ethtool-0.10-1.fc20.x86_64                            2/2

Removed:
  python-ethtool.x86_64 0:0.10-1.fc20

Installed:
  python-ethtool.x86_64 0:0.8-2.fc20

Complete!

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、
このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しましたなんてことを言われた場合、
焦らず騒がず、ネットワークを切る古いパスワードでログインできるようになるローカルアドミンアカウントを作るローカルアドミンアカウントでログインする適当なワークグループを作るドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。再起動を促されるので従うローカルアドミンアカウントでログインする元のドメインに参加するドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する再起動を促されるので従う再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

BCM交換(失敗編)

1 20S左側オートスライド+インテリキー用から
20G,RX左側オートスライド+インテリキー用にBCMを交換する。
バッテリマイナス外すのも含めてものの数分。
楽勝ですな。

2 作動チェック。
Hiビーム動作する。うんうん。

3 リモコン、ドア等も正常、オートライトも動作する。
センサーついてないから常時消灯->常時点灯にかわっただけだけど。

4 いいかんじなので車庫にもどそうとしてイグニッションノブ捻ると、セルが回らないことが発覚。

5 ドキドキしながら旧BCMに戻す。
エンジン始動。ふぅ。

6 インテリキー仕様の始動にBCM関係なさそうなんだけどなぁ。ノブも回らないではなくてstart位置まで回ってセルが回らないという状態だし。うーむ。
あ、イモビの赤インジケータ点いてないね...

7 インテリキーはコントローラ別体なのでちゃんと動作していたけれども、イモビがBCM交換するとダメらしい。
木曜日にディーラにイモビの設定お願いする。
問題は新BCMだと自走できないのでディーラにBCM交換も依頼しなければならないあたり。

8 で、すんなり再設定できて動けばいいんだけど...

dg-stk1b fedora23

貧乏性なので、標準のWindows10の回復メディアを作成してから…


fedora23 x86 liveイメージをusbメモリに展開fedlet の /efi を合成
でliveイメージが起動できる。あとは通常通りインストールできる。

ただし、インストール完了しても起動はできないので、インストールに利用したusbメモリのgrubシェルを使って起動する。

今後の予定

efiをきちんと構成して、単体で起動できるようにする単体で起動できると、USBが空くので、USBイーサネットアダプタをつなぐネットワークに繋がるようになったら、wifi,bluetoothのドライバ類を探す。