スキップしてメイン コンテンツに移動

oVirt self hosted engine

fedora20でself hosted engineなoVirtを作ってみた。

  1. fedora20を、切り戻しが楽なのでbtrfs でインストール
  2. インストール自体はMinimalで。fedora20でbtrfs root でインストールすると、/ は subvolume root として構築される。subvolume root と同列の位置にスナップショットを作っておくと、initrdのemergency shellあたりからも簡単に差し替えが出来て便利。

    • grubプロンプトでこのへんを適当に書き換えてemergency shellにおっことして
    • rootflags=subvol=root
      
    • こんな感じで切り戻しできる
    • # mount /dev/sda4 /root
      # cd root
      # ls
      home root saved_sanpshot
      # btrfs subvol delete root
      # btrfs subvol snapshot saved_snapshot root
      # reboot
      
  3. selinux切る
  4. enforced状態で使いたいのはやまやまだが、engine-setupが随所でまっとうに動かないので耐え切れずにdisabled。firewall-cmdが悉くストールしたり。

  5. リポジトリの準備
  6. # yum install http://ovirt.org/releases/ovirt-release-fedora.noarch.rpm
    

    enable

    fedora-virt-preview ovirt-nightly 
    

    disable

    ovirt-stable ovirt-3.3.2 
    
  7. パッケージインストール
  8. # yum install ovirt-hosted-engine-setup
    

    ここで落る可能性が非常に高いので修正。

    /usr/share/ovirt-hosted-engine-setup/plugins/ovirt-hosted-engine-setup/engine/add_host.py
    

    438行目でおちるので、437行目〜441行目コメントアウト

  9. iscsi-initiator-utils入れ替え
  10. fedora20のiscsi-initiator-utilsは腐っているので、update-testingのものに入れ替え。

    # yum install --enablerepo=updates-testing iscsi-initiator-utils
    
  11. storage domain用NFSの準備
  12. 新規に建てる場合は、これでOK。

    *(rw,anonuid=36,anongid=36,all_squash)
    

    アプライアンスを使う場合はこういうUID,GIDがあればOK。

    • グループ
    • kvm:x:36:qemu,sanlock
      qemu:x:107:vdsm,sanlock
      sanlock:x:179:vdsm
      
    • ユーザ
    • vdsm:x:36:36::::
      qemu:x:107:107:::
      sanlock:x:179:179:::
      
  13. 忘れずにLANG=C状態にする
  14. export LANG=C
    

    こんな名前のブリッジを作ってくれたりするので。どうせ何度か再実行することになるので、exportして置いた方がよい。

    ”ovirtmgmt”
    
  15. deploy (失敗)
  16. # hosted-engin --deploy
    

    失敗すると思われるが、念の為アンチョコ通りに。

    usr/lib/python2.7/site-packages/ovirt_hosted_engine_setup/mixins.py
    

    39行目あたりで失敗して終了するはず。表示されるメッセージとは全く関係なく、vmが起動できない為に失敗する。

    /etc/ovirt-hosted-engine/hosted-engine.conf
    /etc/ovirt-hosted-engine/vm.conf
    

    辺りが存在すると成功するかも。

    失敗後 hosted-engine は戻ってこない。ovirtmgmtブリッジに移動された、元々のNICに付いていたIPが消えて無くなっているため。別端末から、おもむろにnetworkのrestartで戻って来る。

    # service network restart
    

    二度目のhosted-engineの成功後に、ovirtmgmtブリッジの設定は消えてなくなるので、今のうちに設定を保存しておく。

    # cp /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* ~
    
  17. deploy (成功)
  18. # hosted-engin --deploy
    

    さっくりと成功してvmが起動する。途中でvmのコンソールを選ぶ選択肢があるが、spiceを選ぶのはかなり冒険的。vncにしておかないとリモートからつながらない。

  19. OSインストール待ちプロンプト

    ゲスト側のOSをインストールして、インストーラ最後のrebootでvmが終了するので、

    1
    
  20. ovirt-engineインストール待ちプロンプト

  21. ovirt-engineをアンチョコ通りインストールする。

    ovirt-log-collector が sos とコンフリクトする。
    /usr/share/jboss-as にjboss-asが必要。
    
    # yumdownloader ovirt-log-collector
    # yum install --force ovirt-log-collector
    # cd /usr/share
    # unzip jboss-as-7.1.1.Final.zip
    # ln -sf jboss-as-7.1.1.Final jboss-as
    # engine-setup
    

    3.3系はヘルスチェックページ(/ovirt-engine/services/health)を以ていないため、engine も 3.4(nightly build) でないといけない。
    終了したら、おもむろに

    1
    
  22. 終了

  23. 成功するとvmがシャットダウンされ、暫くするとホストもシャットダウンされる

    再起動後、ovirtmgmtブリッジが消えてなくなっているので、復元

    # cp ~/ifcfg-* /etc/sysconfig/network-scripts/
    # reboot
    

    再起動後、メンテナンスモードを抜けると、運用状態になる(きっと)

    # hosted-engine --set-maintenance --mode=none
    

コメント

このブログの人気の投稿

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。

サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。

HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT
購入価格 5,000 円

今日の都電