スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2014の投稿を表示しています

2014年振り返ってみよう。

データベーススペシャリスト○午後Ⅰ足きられの危機日商簿記2級○仕訳問題3つも落とす危機中小企業診断士1次○財務足きられの危機PMP○7500h分の英文が大変技術士1次 情報工学部門○合格率 68.6%ITストラテジスト×午後Ⅰ足きられ、大作小説が水の泡に中小企業診断士2次筆記○財務足きられの危機日商簿記1級?まったくもって歯がたたず。中小企業診断士2次口述?面接でおっさんの置物と化しかけたが、さて。

院試におっこちる。研究計画が練れてないのはもちろんアレだが、まずはこじらせたコミュ障なおさんと、どもならんね。簿記、財務、会計、弱い。やはり向いてないかも知れんね。午後Ⅰ弱い。どっちみち大作小説は文字数不足で不合格だったはずだけれども。結局、マニアというほど資格を取っているわけではない。オタクにしておこう。

富豪的にリカバリパーティション残してるから安全だぜっ!と思っていたのにリカバリできなかった。そんなとき

Windows8(8.1?)のリカバリパーティション残したまま、Windowsは一度も立ち上げずに、パーティションごと消してFedoraを入れていた。
都合により、リカバリしようとすると、
PCを初期状態に戻すことができません。必要なドライブパーティションが見つかりません。 とか言いだすわけです。どうやら、ターゲットではなくて、ソースが認識できないよう。


慌てず騒がず、別のWindwos8機でUSB回復ドライブを作る。回復ドライブで起動する。たぶん、回復ドライブがC:にアサインされ、近場(E:だった)にリカバリパーティションがアサインされる。リカバリパーティション内の RecoveryImage 配下のinstall.wimを除くファイル達をすべてC:\sources配下にコピーする。
install.wimはデカすぎてFATな回復ドライブにはコピーできないはず。心を無にして、
dism /Split-Image /ImageFile:E:\RecoveryImage\install.wim  /SWMFile:C:\sources\install.swm /FileSize:2000 終了後、おもむろにリブートすると、回復ドライブはリカバリメディアに化けているはず!

しまった!BIOSマシンで起動するディスクにEFI インストールしてしまった!そんなとき。

cfdiskかなんかで、GPTをラップしている偽BIOSパーティションにブートフラグをつける。gdiskで、開始セクタ34,サイズ1007KBのパーティションを作る。パーティションコードはEF02にする。この領域は、gdiskが切ったパーティションテーブルなら、アライメントの為空いているはず。おもむろに
grub2-install --target=i386-pc /dev/sda起動するはず。grub.cfg は /boot でなくEFIパーティションにある。grub.cfg内のlinuxefi,initrdefiのefiをとれば、起動はする。

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、
このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しましたなんてことを言われた場合、
焦らず騒がず、ネットワークを切る古いパスワードでログインできるようになるローカルアドミンアカウントを作るローカルアドミンアカウントでログインする適当なワークグループを作るドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。再起動を促されるので従うローカルアドミンアカウントでログインする元のドメインに参加するドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する再起動を促されるので従う再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

GL10P fedora20

usb_modeswitch -v 0x12d1 -p 0x1f01 -M "55534243123456780000000000000a11062000000000000100000000000000"
enp0s29u1u7: flags=4098 mtu 1500 ether 02:1e:10:xx:xx:xx txqueuelen 1000 (Ethernet) RX packets 0 bytes 0 (0.0 B) RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0 TX packets 0 bytes 0 (0.0 B) TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

python-ethtoo-0.10系ではovirt stable の vdsmd が動かない

Apr 16 03:44:42 ovn2 journal: vdsm vds ERROR unexpected error Traceback (most recent call last): File "/usr/share/vdsm/BindingXMLRPC.py", line 1070, in wrapper res = f(*args, **kwargs) File "/usr/share/vdsm/BindingXMLRPC.py", line 393, in getCapabilities ret = api.getCapabilities() File "/usr/share/vdsm/API.py", line 1185, in getCapabilities c = caps.get() File "/usr/share/vdsm/caps.py", line 369, in get caps.update(netinfo.get()) File "/usr/lib64/python2.7/site-packages/vdsm/netinfo.py", line 557, in get netAttr.get('qosOutbound')) File "/usr/lib64/python2.7/site-packages/vdsm/netinfo.py", line 487, in _getNetInfo ipv4addr, ipv4netmask, ipv6addrs = getIpInfo(iface) File "/usr/lib64/python2.7/site-packages/vdsm/netinfo.py", line 317, in getIpInfo ipv6addrs = devInfo.get_ipv6_addresses() SystemError: error return without exception set ]# yum downgrade python-ethtool.x…

libsoupのSoupServerは CONNECT メソッドを受け付けない。

soup-message-server-io.c
76 } else if (*req_path != '/') { 77 /* Must be an absolute URI */ 78 uri = soup_uri_new (req_path); 79 } else if (req_host) { で、host:port を scheme:path と解釈した SoupURI が出来上がり、
101 if (!uri || !uri->host) { 102 if (uri) 103 soup_uri_free (uri); 104 return SOUP_STATUS_BAD_REQUEST; 105 } hostがないのでサヨウナラ。

Windows版 Ovirt Guest Ageng

アンチョコにある通りだが、OVirtGuestService.pyに、iniファイルへのパスが埋め込まれていて、これが正しくないと謎のエラーを吐いて終了するので注意。
OVirt Guest Agent Service サービスは、サービス固有エラー ファンクションが間違っています。 で終了しました。 OvirtGuestService.exe -install だけだと、特にコピーとかされるわけでもなく、カレントディレクトリのOvirtGuestService.exeがサービス登録されるだけなので注意。
python Windows 界では常識かもしれぬが。

NetworkManager proxy設定 dispatcher

proxyだって?どこの田舎よ?

/etc/NetworkManager/dispatcher.d/99-proxy
#!/bin/bash PATH=/bin:/usr/bin:/sbin if [ ! -f /etc/sysconfig/proxy ]; then exit fi . /etc/sysconfig/proxy if [ x"$2" = x"down" ]; then exit fi i=0 while [ "x$(eval echo '$'PROXYTARGET$i)x" != "xx" ]; do for t in `echo $(eval echo '$'PROXYTARGET$i) | sed s/:/\ /g`; do if [ x"$t" = x"$CONNECTION_ID" ]; then PROXY=$(eval echo '$'PROXYTARGET${i}_PROXY) NO_PROXY=$(eval echo '$'PROXYTARGET${i}_NO_PROXY) break fi done if [ -n "$PROXY" ]; then break fi let i=$i+1 done if [ -n "$PROXY" ]; then PROXY=`echo $PROXY | sed s,http://,,` HOST=`echo $PROXY | cut -d: -f1` PORT=`echo $PROXY | cut -d: -f2|sed s,/,,g` fi for pid in `pgrep gnome-session`; do uid=`cat /proc/$pid/loginuid` uname=`getent passwd $uid | cut -d: -f 1` bus=`strings /proc/$pid/environ|grep DBUS_SESSION…

debug カーネルの出処。

[root@ovn1 ~]# yum remove kernel-debug-3.12.6-300.fc20.x86_64 Resolving Dependencies --> Running transaction check ---> Package kernel-debug.x86_64 0:3.12.6-300.fc20 will be erased --> Processing Dependency: kernel-uname-r = 3.12.6-300.fc20.x86_64+debug for package: kernel-debug-modules-extra-3.12.6-300.fc20.x86_64 --> Running transaction check ---> Package kernel-debug-modules-extra.x86_64 0:3.12.6-300.fc20 will be erased --> Processing Dependency: kernel-modules-extra for package: gfs2-utils-3.1.6-3.fc20.x86_64 --> Running transaction check ---> Package gfs2-utils.x86_64 0:3.1.6-3.fc20 will be erased --> Processing Dependency: gfs2-utils for package: 1:libguestfs-1.24.4-1.fc20.x86_64 --> Running transaction check ---> Package libguestfs.x86_64 1:1.24.4-1.fc20 will be erased --> Processing Dependency: libguestfs = 1:1.24.4-1.fc20 for package: 1:libguestfs-tools-c-1.24.4-1.fc20.x86_64 --> Processing Dependency: libguestfs.so.0()(64bit) for packag…

kernel +debug

oVirtのノード達、ネットワークの性能が全く出なかった。
概ね 300MBps 程度で頭打つし、まれにdroppedパケット出るし。
ケーブル替えて、ハブ替えて、NAS疑ったりして改善せず。
oVirtのノードの2台のみ性能がでない、他のfedora20ホストは大丈夫。
しかもoVirtノード2台は両方NUCだが、赤NUCと黒NUCなのでNICはまるで違う。うーむ。
などと言ってるうちに、気づいた。
[root@ovn1 ~]# uname -a Linux ovn1.unya.org 3.12.6-300.fc20.x86_64+debug #1 SMP Mon Dec 23 16:30:32 UTC 2013 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux ....
こんなに効くのか...
というところで、EFI grub2でgrub2-rebootが効かないへ続く。

T440sのキーボード交換

これはThinkPad史上未だかつてない職人技
キーボード自体の打鍵感は、はじめて600に触ったとき程度によいのだが、あまりにつっかかり、戻り不良のあるキーが多くてCRU送付をお願いした。
交換作業を終えて思うに、キーボード自体の不良ではなくて、キーボード取り付け職人さんの腕の問題と思われる。

git over https

$ git clone https://git.forge.gluster.org/glusterfs-core/glusterfs.git Cloning into 'glusterfs'... fatal: unable to access 'https://git.forge.gluster.org/glusterfs-core/glusterfs.git/': Unable to communicate securely with peer: requested domain name does not match the server's certificate. ぐぬぬぬぬ
$ GIT_SSL_NO_VERIFY=1 git clone https://git.forge.gluster.org/glusterfs-core/glusterfs.git Cloning into 'glusterfs'... Checking connectivity... done $ cd glusterfs $ git pull fatal: unable to access 'https://git.forge.gluster.org/glusterfs-core/glusterfs.git/': Unable to communicate securely with peer: requested domain name does not match the server's certificate. $ git config http.sslVerify "false" $ git pull Already up-to-date.

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ
[root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!

oVirt self hosted engine

fedora20でself hosted engineなoVirtを作ってみた。
fedora20を、切り戻しが楽なのでbtrfs でインストールインストール自体はMinimalで。fedora20でbtrfs root でインストールすると、/ は subvolume root として構築される。subvolume root と同列の位置にスナップショットを作っておくと、initrdのemergency shellあたりからも簡単に差し替えが出来て便利。 grubプロンプトでこのへんを適当に書き換えてemergency shellにおっことしてrootflags=subvol=root こんな感じで切り戻しできる# mount /dev/sda4 /root # cd root # ls home root saved_sanpshot # btrfs subvol delete root # btrfs subvol snapshot saved_snapshot root # reboot selinux切るenforced状態で使いたいのはやまやまだが、engine-setupが随所でまっとうに動かないので耐え切れずにdisabled。firewall-cmdが悉くストールしたり。 リポジトリの準備# yum install http://ovirt.org/releases/ovirt-release-fedora.noarch.rpm enablefedora-virt-preview ovirt-nightly disableovirt-stable ovirt-3.3.2 パッケージインストール# yum install ovirt-hosted-engine-setup ここで落る可能性が非常に高いので修正。 /usr/share/ovirt-hosted-engine-setup/plugins/ovirt-hosted-engine-setup/engine/add_host.py 438行目でおちるので、437行目〜441行目コメントアウト iscsi-initiator-utils入れ替えfedora20のiscsi-initiator-utilsは腐っているので、update-testingのものに入れ替え。 # yum instal…