スキップしてメイン コンテンツに移動

RHEL6.4 の libvirt で LVM LV を作る

これなわけですけれども、結局
--- a/src/storage/storage_backend_logical.c
+++ b/src/storage/storage_backend_logical.c
@@ -725,8 +725,10 @@ virStorageBackendLogicalCreateVol(virConnectPtr conn,
                                "--name", vol->name,
                                NULL);
     virCommandAddArg(cmd, "-L");
-    if (vol->capacity != vol->allocation) {
-        virCommandAddArgFormat(cmd, "%lluK", VIR_DIV_UP(vol->allocation, 1024));
+    if (vol->backingStore.path &&
+        vol->capacity != vol->allocation) {
+        virCommandAddArgFormat(cmd, "%lluK",
+                VIR_DIV_UP(vol->allocation ? vol->allocation : 1, 1024));
         virCommandAddArg(cmd, "--virtualsize");
     }
     virCommandAddArgFormat(cmd, "%lluK", VIR_DIV_UP(vol->capacity, 1024));
こうしないと使い物にならない感。fedoraも一緒かな?

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、
このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しましたなんてことを言われた場合、
焦らず騒がず、ネットワークを切る古いパスワードでログインできるようになるローカルアドミンアカウントを作るローカルアドミンアカウントでログインする適当なワークグループを作るドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。再起動を促されるので従うローカルアドミンアカウントでログインする元のドメインに参加するドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する再起動を促されるので従う再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

BCM交換(失敗編)

1 20S左側オートスライド+インテリキー用から
20G,RX左側オートスライド+インテリキー用にBCMを交換する。
バッテリマイナス外すのも含めてものの数分。
楽勝ですな。

2 作動チェック。
Hiビーム動作する。うんうん。

3 リモコン、ドア等も正常、オートライトも動作する。
センサーついてないから常時消灯->常時点灯にかわっただけだけど。

4 いいかんじなので車庫にもどそうとしてイグニッションノブ捻ると、セルが回らないことが発覚。

5 ドキドキしながら旧BCMに戻す。
エンジン始動。ふぅ。

6 インテリキー仕様の始動にBCM関係なさそうなんだけどなぁ。ノブも回らないではなくてstart位置まで回ってセルが回らないという状態だし。うーむ。
あ、イモビの赤インジケータ点いてないね...

7 インテリキーはコントローラ別体なのでちゃんと動作していたけれども、イモビがBCM交換するとダメらしい。
木曜日にディーラにイモビの設定お願いする。
問題は新BCMだと自走できないのでディーラにBCM交換も依頼しなければならないあたり。

8 で、すんなり再設定できて動けばいいんだけど...