スキップしてメイン コンテンツに移動

RHEL6.4 の libvirt で LVM LV を作る

これなわけですけれども、結局
--- a/src/storage/storage_backend_logical.c
+++ b/src/storage/storage_backend_logical.c
@@ -725,8 +725,10 @@ virStorageBackendLogicalCreateVol(virConnectPtr conn,
                                "--name", vol->name,
                                NULL);
     virCommandAddArg(cmd, "-L");
-    if (vol->capacity != vol->allocation) {
-        virCommandAddArgFormat(cmd, "%lluK", VIR_DIV_UP(vol->allocation, 1024));
+    if (vol->backingStore.path &&
+        vol->capacity != vol->allocation) {
+        virCommandAddArgFormat(cmd, "%lluK",
+                VIR_DIV_UP(vol->allocation ? vol->allocation : 1, 1024));
         virCommandAddArg(cmd, "--virtualsize");
     }
     virCommandAddArgFormat(cmd, "%lluK", VIR_DIV_UP(vol->capacity, 1024));
こうしないと使い物にならない感。fedoraも一緒かな?

コメント

このブログの人気の投稿

今日の都電

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。

サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。

HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT
購入価格 5,000 円