スキップしてメイン コンテンツに移動

ロードもどき乗ってみた

ブラケット予想以上に遠い
フラバの頃のエンドバーの先端くらいのハズが予想以上に遠い。

  • エンドバーは微妙に上向いていた。
  • ブラケット持ってるときのブレーキに握力もってかれる。
あたりが理由か?

クリートのキャッチ&リリース予想以上に固い
そういうものだという知識はあったが、PD-M324初期のころより固い。クリートがマルチリリースじゃなくなった効果もあると思われるが。

ブレーキ予想以上に利かない
  • ブラケット持ってる時はもっすごい握力かけないと利かない。
  • 下ハン持ってるときは....その体勢だけでいっぱいいっぱい...

ハンドル軽すぎ
ハンドル前でうじゃうじゃクロスしていたアウター達がいなくなったからだと思われる。


STIリリースボタンのストローク深すぎ
手袋してると押しきれない..

対策

  1. とりあえず、サドル少し下げる(済)
  2. とりあえず、コラムスペーサー追加(済)
  3. とりあえず、ステム裏返す(済)
  4. ブレーキはカツカツに調整する(済)
  5. ビンディングバネ最弱に設定(済)
  6. マルチリリースのクリートで乗ってみる
  7. STIスペーサをショートリーチ対応に交換(済)
結果
うん、大分ましになったが、手袋外すのが一番利いたかも...
マルチリリースは大差なかった。

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。 サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。 HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT 購入価格 5,000 円