スキップしてメイン コンテンツに移動

FD調整

MTB用シフタとロード用FDの組み合わせの場合、MTB用の方がワイヤの引き量が少し多いため、MTB用シフタでロードFDを引くと、適性より少し大きく動くことになる。

FDを正しいロード用の設定とすると、FDの稼動量がMTBシフタの1ラッチ分に少し足りなくなってしまう。

正しく設定されたロード用FDはMTB用シフタで引けなくはないが、ラッチに引っ掛けるのが力任せの最後のひと押し頼みとなるため、インナー -> アウターの変速は非常に大変となる。

よって、FDを正しい設定よりアウタ側に少し多く動けるように稼動量調整をしてやると変速が少し楽になるはずである。

という考えにより調整した。結果、外側にチェーンが落ちてクランクに傷ついた。どうせそのうち実施されるSTI化を待つ、つなぎ仕様に欲だしちゃいけませんな。そもそも、どーせその内つけるチェーンカバーつけてからなら落ちることもなかったのに。

orz


コメント

  1. なんとなく2012年1月1日 9:06

    私のクランクなんてふつ~に傷だらけですが?

    そのうち気にならなくなりますよ。

    返信削除
  2. キズ自体はいいんですけどね...まったく必要のない作業でついたキズってのがo〜rz...

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、
このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しましたなんてことを言われた場合、
焦らず騒がず、ネットワークを切る古いパスワードでログインできるようになるローカルアドミンアカウントを作るローカルアドミンアカウントでログインする適当なワークグループを作るドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。再起動を促されるので従うローカルアドミンアカウントでログインする元のドメインに参加するドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する再起動を促されるので従う再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ
[root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。

サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。

HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT
購入価格 5,000 円