スキップしてメイン コンテンツに移動

FC-5700 + FD-5700-F + SL-M660-10

大分貧脚さん仕様にも慣れてきたので、今度は豪脚さん仕様にしてみようとFC-5700(52-39)などを装着。53じゃないのは、懲りずにギアカバーをつける予定だから。
スペーサ分幅が違いそうなので、BBも一応SM-BB5700に交換。
例によって、途中経過は何もなく、完成写真。




フロントディレーラはFD-M590-10のままにするか、FD-R系にするか、FD-5700にするか迷った挙句、

  • シフタがMTB用である以上、どの組み合わせもいずれにせよイレギュラーだよね
  • FD-R系が一番イレギュラー度低いと思われるよね
  • どーせここまで来たら、そのうちニヤニヤしながらSTIレバー開封する日が来るよね
  • そこまでいったら、FD-5700になるよね
  • 当面、最悪FDは脱落ガード程度に考えてインナー固定運用できればいいかね
  • なんとなく、直付けって言う響きがいいよね。バンドのサイズも考えなくて済むし
などという論理でFD-5700-F + ブレーズオンアダプタにしてみた。




予想に反して、SL-M660-10(L)のインナー〜ミドル分の稼働量でインナー〜アウターがちょっと変速ニブい程度で普通につかえたりする。




問題点は

  • FDがダウンスイングになったので、とりあえず武器がつかない
  • リア異音(クランク同期ブレーキ同期)
  • クランクの幅が狭まったことにより、クランク先端がケイデンスセンサに当たる。センサ取り付け方法を変えて対処
  • リア側とチェーンもSLXのまま

コメント

このブログの人気の投稿

今日の都電

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。