スキップしてメイン コンテンツに移動

高級ままちゃり化

インター3ハブ SG-3R40 + USPSリム + USPSスポーク (+ ローラーブレーキ BR-IM31)
ハブダイナモ DH-2N30J + USPSリム + USPSスポーク (+ オートライト LP-X101)
で組んだホイールをままちゃりに装着。



いわゆる26インチママチャリの700C化。探せば インター3 + オートライトのママチャリが買えそうな値段になることはもちろんキニシナイ方向で。

ホイールは6本取りで組んでみたけど、USPSのスポークをそのまま再利用したため、前が大幅に長い。よって、前だけダブルクロスにして長さを稼いでみた。

こんなのを買えばよかったのだが、シフターは意味もなくグリップシフトにしたかったため、ビックリカメラでベルクランク、ベルクランクカバー、プッシュロッド、シフター、グリップなどの周辺小物を調達しつつ、取り付け。



泥よけはステー取り付けボルト、リフレクターの取り付けボルトが長すぎてタイヤに当たる以外は干渉しませんな。ボルト交換、リフレクター交換でまったく問題なし。そして予想に反して、フロントブレーキ、リムに届きますな。折角用意しておいたロングアーチなブレーキいらんかったね。




というのはもちろん悔しいので、フロントブレーキを取り替える。ママチャリは貫通ボルトで、ロード用は沈頭ボルトなので、フォークの後ろ側をドリルで拡張して取り付け。

.....前の泥よけが干渉するようになりました.....
貫通ボルト避けに泥よけを潰してある部分が、沈頭ボルトに替わってマウント位置が変わるため、タイヤに擦れる。


前だけ泥よけのついていない、変なママチャリのできあがり。



コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、
このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しましたなんてことを言われた場合、
焦らず騒がず、ネットワークを切る古いパスワードでログインできるようになるローカルアドミンアカウントを作るローカルアドミンアカウントでログインする適当なワークグループを作るドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。再起動を促されるので従うローカルアドミンアカウントでログインする元のドメインに参加するドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する再起動を促されるので従う再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

BCM交換(失敗編)

1 20S左側オートスライド+インテリキー用から
20G,RX左側オートスライド+インテリキー用にBCMを交換する。
バッテリマイナス外すのも含めてものの数分。
楽勝ですな。

2 作動チェック。
Hiビーム動作する。うんうん。

3 リモコン、ドア等も正常、オートライトも動作する。
センサーついてないから常時消灯->常時点灯にかわっただけだけど。

4 いいかんじなので車庫にもどそうとしてイグニッションノブ捻ると、セルが回らないことが発覚。

5 ドキドキしながら旧BCMに戻す。
エンジン始動。ふぅ。

6 インテリキー仕様の始動にBCM関係なさそうなんだけどなぁ。ノブも回らないではなくてstart位置まで回ってセルが回らないという状態だし。うーむ。
あ、イモビの赤インジケータ点いてないね...

7 インテリキーはコントローラ別体なのでちゃんと動作していたけれども、イモビがBCM交換するとダメらしい。
木曜日にディーラにイモビの設定お願いする。
問題は新BCMだと自走できないのでディーラにBCM交換も依頼しなければならないあたり。

8 で、すんなり再設定できて動けばいいんだけど...

dg-stk1b fedora23

貧乏性なので、標準のWindows10の回復メディアを作成してから…


fedora23 x86 liveイメージをusbメモリに展開fedlet の /efi を合成
でliveイメージが起動できる。あとは通常通りインストールできる。

ただし、インストール完了しても起動はできないので、インストールに利用したusbメモリのgrubシェルを使って起動する。

今後の予定

efiをきちんと構成して、単体で起動できるようにする単体で起動できると、USBが空くので、USBイーサネットアダプタをつなぐネットワークに繋がるようになったら、wifi,bluetoothのドライバ類を探す。