スキップしてメイン コンテンツに移動

海外からのお荷物

来ましたよ。RoyalMailおせー。parcelforce->EMSコンボが速すぎたということは理解してますが。

SL-M660-10、CS-HG81-10、RD-M663は予想どうりバルク品でした。箱などいらないので別に問題ないわけですが、バルクだとシフトアウターがついていない。シフトアウタ買うこと考えると、あまり安くなかったのかも。



シフトアウターはとりあえず既設のものそのまま使ったので、シフタ、カセット、リアディレーラーの取り換えはエンドバーが入る余地分レバー類を内側によせたこと以外は、もはやいつもどうりの作業。



いつもどうりにディレーラー調整して、いつもどうりにロー側がうまくきまらない。

うーん。

 

エンドバーをとりつけるには、グリップもエンドバー分内側によってもらわないといけないが、USPSのグリップは非貫通。 そういうときも、グリップをなにも気にせずプラハンマーでどつきたおすと簡単に貫通グリップに化ける。 エンドバー装着効果で今までくるくる回っていたグリップが回りにくくなった気がする。


円換算の結果、累計ちょうど5USPS。むー

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。 サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。 HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT 購入価格 5,000 円