スキップしてメイン コンテンツに移動

スポークを求める旅

ママチャリのハブは、スポークを通す穴が2つ繋がっているため、車輪を外さなくても簡単にスポーク交換ができるらしい。そこで、折れてないスポークを一本持って、スポーク探しの旅に出た。最終的にハンズあたりに行ければ、なんとかなるっぽい。
  • 修理しない人に売るスポークはねぇ(スーパーの自転車コーナー)
  • 行くだけ無駄そうなので、やめておこう。(某大手自転車全国チェーン店)
  • そんなこと聞く空気でなかった...(有名スポーツショップ)
  • スポークのバラ売り、してますよ(某有名スポーツ自転車チェーン)
おお、持ってきたスポークで現物合わせしていただいて、
「ああ、ありますよ~一本35円。何本いります?」
と言うことでしたので、10本程お願いした。
すると、お兄さん、取り出したスポークを一旦棚にしまい、別のスポークを持って、なんかすんげー機械でスポーク切ったり、ネジ切ったり大忙し。 本数が足りなかったようで、わざわざ加工して作ってくれたようです。すみません。 あとでレシート見るに、一本75円もするスポークをタダで加工してくれた上、35円で売ってくれたみたいです。ほんと、ありがとうございます。 

ついでに、mavicのスポークキーとか、お蔵入りになっていたリフレクタをシートステーにつけるのに丁度よさそうなバンドとか、なぜかポチっていなかった10速用チェーンなど購入。

 

おお、ママチャリスポークぴったり。フレが取りきれないのは、ママチャリだからまぁいいか。そもそもスポーク折れてても気付きもしなかったんだし。

スポークキーは、スポークを抑えてニップル回すというよりも、捻れたスポークを修正するのにつかったほうがいい気がする。

コメント

このブログの人気の投稿

今日の都電

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ
[root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!