スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2011の投稿を表示しています

予備チューブ、予備タイヤ

など、確保しておこうと考えた。
チューブはとりあえずパンクしたら即交換、タイヤは前後どっちかヘタったら2本共交換。というサイクルを前提に2本づつ。

もはや、急ぎ、衝動意外国内で買う意味もあんまりないので、wiggleとCRCあたりで比較。

タイヤは安くて比較的評判のよさげなケプラービート物ということで、vittoria rubino proあたり。

安いチューブはwiggleならvittoria ultraliteあたり、CRCならいつものMichelin A1 airstopあたりか。今のチューブがA1 airstopなので、違うチューブを試してみたくもあるところだが

ultraliteには赤と緑があるらしい緑はいいものだが、赤は悲惨らしいこれはまったくどっちが来るのかわからない今のチューブに不満などないこんなところに£10券が! あたりの理由により、CRCに決定。

あとはディレーラーハンガー仏式にそのまま吸気できるポンプヘッド奇抜な色の手袋などをポチポチと。まったく£100なんていきません。£10券あきらめて、送料も払うかなどと考えていたところ、ステムとか、シートポストとか、交換する意味まったくないけど安い気がするというだけでポチ。ステムのクランプが31.8mmなので、対応するハンドルまでポチ。
ここまでしてもまだ£110までいかない。なんかFSAというところのパーツづいてしまったのでステッカーチューン的用途のキャップをポチ。

これでちょうど£110。£10券使ってもまだ送料無料ですな。




練習したいが

CO2カートリッジとサイクルメータ用ナイトライトを購入。 なぜメータにバックライトがデフォルト装備されていないのかは理解に苦しむところ。

練習したいところだが、ボンベたけー

amazonプライム

ちょい止めるときに使える簡単なカギと、肉が立たなかった携帯ポンプに代わるCO2インフレータをamazonでポチ。 ついでにamazonプライム30日無料体験もポチ。



 ほんとに当日届いた。すげー。 しかし、amazon発送になっているものは通常でも最遅で翌々日には到着するので、あまり意味はない気がする。

シフタ再調整

シフトアウタを張りかえつつ、再調整など。 どうも、リアディレーラーがまっすぐについていない気がしてならなかったので、ディレーラーハンガーをはずしてトンカチでぶったたく。 そうこうして、なんとか10速すべて入るようになった気がするが、まだ渋いところがのこってるんだよね。

SH-03C

3Dがうらやましくってげっと。 買ってきたその日に容量不足の警告を出すほどの豊富な3Dコンテンツを、アンインストール不可でいれてくれてあるのが素敵。

シフトケーブルセット

を調達。



ブレーキワイヤを買うよりもブレーキレバーセットを買った方がお得な気がするという発想からはじまったこのスパイラルにおいて、シフトケーブルセットを買うというのはもっとも負けな行動であった。

海外からのお荷物

来ましたよ。RoyalMailおせー。parcelforce->EMSコンボが速すぎたということは理解してますが。

SL-M660-10、CS-HG81-10、RD-M663は予想どうりバルク品でした。箱などいらないので別に問題ないわけですが、バルクだとシフトアウターがついていない。シフトアウタ買うこと考えると、あまり安くなかったのかも。



シフトアウターはとりあえず既設のものそのまま使ったので、シフタ、カセット、リアディレーラーの取り換えはエンドバーが入る余地分レバー類を内側によせたこと以外は、もはやいつもどうりの作業。



いつもどうりにディレーラー調整して、いつもどうりにロー側がうまくきまらない。

うーん。



エンドバーをとりつけるには、グリップもエンドバー分内側によってもらわないといけないが、USPSのグリップは非貫通。 そういうときも、グリップをなにも気にせずプラハンマーでどつきたおすと簡単に貫通グリップに化ける。 エンドバー装着効果で今までくるくる回っていたグリップが回りにくくなった気がする。

スピードメーター

というか、ケイデンスメーターをつけた。



有線だと、チャリにぐるぐる線を巻くことにより、メータの盗難防止になるという説を信じていたのだが、チャリにぐるぐる巻かれるのは取り付けキット部のみで、メータ本体は結局盗むの簡単...

 有線にした意味まったくなし。

そもそも、線が信じられないほど短い上に、USPSのワイヤー取り回しは特殊なのでワイヤー巻きつけではステムにすら到達できない。

 ぺりあーくがさりげにAnt+対応なので、適当なセンサーつけてMyTracksでも眺めてたほうがよかったですな。

スポークを求める旅

ママチャリのハブは、スポークを通す穴が2つ繋がっているため、車輪を外さなくても簡単にスポーク交換ができるらしい。そこで、折れてないスポークを一本持って、スポーク探しの旅に出た。最終的にハンズあたりに行ければ、なんとかなるっぽい。
修理しない人に売るスポークはねぇ(スーパーの自転車コーナー)行くだけ無駄そうなので、やめておこう。(某大手自転車全国チェーン店)そんなこと聞く空気でなかった...(有名スポーツショップ)スポークのバラ売り、してますよ(某有名スポーツ自転車チェーン) おお、持ってきたスポークで現物合わせしていただいて、
「ああ、ありますよ~一本35円。何本いります?」 と言うことでしたので、10本程お願いした。
すると、お兄さん、取り出したスポークを一旦棚にしまい、別のスポークを持って、なんかすんげー機械でスポーク切ったり、ネジ切ったり大忙し。 本数が足りなかったようで、わざわざ加工して作ってくれたようです。すみません。 あとでレシート見るに、一本75円もするスポークをタダで加工してくれた上、35円で売ってくれたみたいです。ほんと、ありがとうございます。 

ついでに、mavicのスポークキーとか、お蔵入りになっていたリフレクタをシートステーにつけるのに丁度よさそうなバンドとか、なぜかポチっていなかった10速用チェーンなど購入。



おお、ママチャリスポークぴったり。フレが取りきれないのは、ママチャリだからまぁいいか。そもそもスポーク折れてても気付きもしなかったんだし。

スポークキーは、スポークを抑えてニップル回すというよりも、捻れたスポークを修正するのにつかったほうがいい気がする。

ママチャリもメンテ

ママチャリのブレーキワイヤーを交換したので、ブレーキインナーキャップを購入。ついでにusps購入日にフロントディレーラのシフトインナーキャップは既に取れてしまっていたので、購入。



盛大に解れていたシフトインナーワイヤーを、ラジオペンチで纏めて、キャップしておいた。 既にシフターはポチってあるんだから、もうしばらく剥き身でもよかったんじゃないのか?とは考えてはいけない。

 で、肝心のママチャリは... スポーク2本折れてたよ....

エアロスポークなめてた

500円握りしめて、某大手自転車全国チェーンに向かう。 店員さんと
盛大にフレてますねー ちょっと調子にのってしまいましてー などと和やかに会話してから、預ける。 
店員さん、素敵なフレ取り台にホイールをセット...しようとしたところで、店長さんっぽい人に呼び止められて車体にホイールを戻す。?
スポーツ車も扱う某大手自転車全国チェーンの店員さんと店長さんがRS10というありきたりなホイールを前に、はじめて見るホイールだねーなどと話している。??
車体ごと、片持ちスタンドにセットして、ホイールを回す。カラカラカラっと盛大にスポークとスタンドの接触する音が鳴り響く。???
店員さん、そのあと工具をがさごそして、ニップルレンチっぽいものをにぎりしめて、私に
工具がないから作業できません。どうしましょう? と聞いてきた。????
ちょっと?が増大した私は、
工具ないなら仕方ないっすね~ とにこやかに会話して退散することにした。 仕方がないので方持スタンドを買って帰って自分でやってみることにした。どーせ某大手自転車全国チェーン店でも、フレ取り台は飾りみたいだし。しかし、こんなものをほしい物リストに入れて、ポチるタイミングを伺っていた私としては、大変残念な買い物だった。



 さて、
Vブレーキのアジャストボルトを締める。ホイール回す接触したところを修正する(1)に戻る で攻めていく。
前回も、よく締まるスポーク、締まり難いスポークあるななどと思っていたわけだが、明るい中作業してみるに、なんと

スポークは扁平になっている締まり難いと思っていたところは、捻れていただけいわゆるエアロスポークというやつそもそも、このホイール自体、RS10ではなくてRS10A と言うことのようだ。そして、扁平なスポークを捻れなく締めるためには、スポークキーという工具が必要なようだ。

某大手自転車全国チェーンさんで作業できなかったのも、工具がないらしかったのも、このエアロスポークのせいであると信じています。

仕方がないので、捻れているスポークのニップルを緩め、捻れをとった後、スポークが回らないようペンチで軽くはさんでニップルを回す。この方法でなんとかフレはとれたが...  ペンチではさんだところはもちろんキズキズ。そして、そのわりには出来上がりは結構捻れている。 あらま。

ホイール到着

8/5(金)21時にスナモの超ご近所の東京国際支店に到着したらしいRS10、土曜日なので通関が月曜、配送が火曜くらいを想像していたわけですが...
4:30 通関手続き中11:49 国際交換支店から発送12:34 通過 (新東京支店) 税関さんに郵便事業さん、頑張りすぎ。これは、もしや明日くらいには着くのかも。
 最近しょっちゅうサドルの高さを調整していて、いい加減うっとおしくなってきたので、クイックレリーズなシートクランプを購入。 この一月ニワカをやってきた間によく名前を聞いた本も買ってみた。このシートクランプ、amazonでもあちこちで取り扱ってるけど、amazon直扱いのものだけ、妙にニセモノクサイ写真ですなぁ。



 そうこうしてる間に、
16:47 到着18:50 お届け先にお届け済み はや。ゴミ袋で来るという噂を聞いていたが、ちゃんとshimanoのホイール箱に入ってきたよ。 箱は一旦開封されていたが、通関時にあけたってわけではなく、
タイヤ x2チューブ x241% MORE FAT(おまけ)10£券(おまけ) が無造作に放り込まれていた。英人大雑把ですなー。次買うときはケプラービードのタイヤにしよう。



クイック化試行時に予備で買ったFH-CT91のシャフトと、FH-CT91に狙ったようについている5mmのスペーサを6のロックナットの間に挟み、135mmのハブ軸組み立てをつくってさくりと移植。 うん、ぴったり。
チューブとタイヤの装着にはタイヤレバーがまったく不要であった。まぁ次外すときには活躍してくれるであろう。 

リアができたので次にフロント。なんだけど、なんか、このホイール、カラカラ言うし。 ぐぐっても、よくあること、気にすんな。とか、くるくるしてたらそのうちバルブ穴からなんか出てくるYo。とか言う話になる。
気になるし。回しても回してもなんも出ないし。

どうも、音を聞くに、異音の元はまわしても移動していないっぽい。そらバルブ穴から出るわけないですな。ということでリムテープを一回外してからまわしてみると...出ました。



一度はずしたリムテープの再使用はお勧めしないとの言いつけをやぶってリムテープを装着し、チューブ、タイヤを装着。カラカラ言わないホイールっていいね。

体重計によると、チューブ、タイヤを装着し、空気を入れた状態で、
フロント 1.…

ホイール出迎え準備

EMSトラッカによると、RS10はすでにUKは出国しているようなので、いつ届いてもよいように空気入れタイヤレバーを準備する。
空気入れは、ゲージ付きでかつママチャリにも給気できるものを選択。
タイヤレバーは、パンク修理キットと供に携帯できるものにしてみた。



冷静に考えるとパンク修理セットより、くっそ安いチューブを何本か携帯した方がよっぽどいいということに気付いたのは、買った後。

送料大変だろうなぁ

wiggleでバックオーダーにまわっていた来が到着。
送料調整用アイテムのみ別送というのが皮肉です。送料大変そうだけど、まぁ優先配送料のお布施から捻出できるんでしょう。

古い鍵は上下左右どの方向からでもブラケットにつっこめたけど、この鍵は一方向からしか入らないね。うん、不便。

震度5

露天風呂付き客室のあるお部屋50%offの一万三千円!クーポンを買うためだけにグルーポンに入会しました。
もちろん、入会特典のマックカード500円分を100円では別途購入しましたが。


そして行って来ました、伊豆。昭和っぽいボロい建物も、最低限の改修でモダン風味になっていて、以外と頑張っています。部屋の露天風呂も、くっそ熱いけどまぁ天然温泉の証ということで。温泉街もどうみても寂れているのに、観光バスに満載された観光客はぞくぞくとやってきます。

グルーポン以外でも一万三千円のツアーを見つけてしまっていたので、グルーポンに無駄に儲けさせてしまったことだけは悔やまれますが、まぁよい買い物であったとお土産屋で入手したハローキティの金運ゼリーを眺めつつ物思いに耽っていますと、

トンキンから地震がX付きで追いかけてきました orz...