スキップしてメイン コンテンツに移動

台所の電球が切れたので、

同じものをさがすに、どうやら東芝 コンパクト形蛍光ランプ27形・電球色ユーライン2 FDL27EXLTと言うらしい。結構たけー。というか、このLED電球全盛のご時世に蛍光灯でもあるまい。

ということで、通常の電球のソケットの方が今後つぶしがききそうなので、照明器具自体を換えてみることにした。天井裏から出土したのは、これx3。かなりたけー。

巨大な安定器のために150mmもの穴を開けられているので、器具の選択はかなり絞られてしまう。この中から、埋め込み穴がφ150mmで、ソケットが通常の電球(E26)で、電球型蛍光灯は諸般の事情により大量に持っているため、電球が付属しないもので、かつ安いものという条件で選定されたのが、パナソニック電工照明器具(Panasonic) [M形ランプ別売]ダウンライト NL70190Z



日曜の夜中というか月曜の早朝にオーダーして、火曜日の午前に到着。いつものように、電源と送り逆に接続されていたり、取り付けバネにあたる位置にアルミチャンネル走ってたりと、クソ施工されていたが、取り換えは完了。

うん、暗い。また3年後くらいに、電球型蛍光灯の在庫が切れて、LED電球を買いに行くときを楽しみにしておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。 サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。 HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT 購入価格 5,000 円

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!