スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 5, 2009の投稿を表示しています

家電量販店VS地域店 「仕入れ値で差別」訴え2千件

家電の取引は、商品を大量に注文すれば、リベートや販売促進費が多く なる仕組みのため、公取委はこれらの価格差は、取引量の差を反映して いるだけと判断。また、機種や時期によっては量販店よりも地域店向け の方が安い場合もあり、差別対価に当たらないと結論づけた。 公取委は「メーカーは、地元のお年寄りなどの顧客対応の『受け皿』と なっている地域店の役割を重視している。取引量が少ない割には価格を 低く抑えるなど、配慮を見せていた」と指摘している。 うむ、公取委すばらしい

都内4カ所500人分の宿泊場所確保 年越し派遣村

派遣村の入村者のうち、希望者は5日に、日比谷公園や厚労省の講堂か ら、公共施設に移動する。ボランティアが日比谷公園で行っていた炊き 出しも5日朝で終わるため、食事は3食、行政側が弁当を提供する。 これはひどい