スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 4, 2008の投稿を表示しています

立春

二十四節気は太陽と地球の位置関係なわけだからして、暦法によらず天文学的にその瞬間が含まれる日というのが決まるんじゃないかな。 で、天文学的に春分の日というのがグレゴリオ暦では今日ということじゃないのかな。 でもってグレゴリオ暦は太陽暦であるわけであるからして毎年ほぼぶれずに同期するんじゃないのかな。旧暦が太陰太陽暦だったわけであるからして、春分近辺の新月日と春分日が同期するわけもなく、浮動すると。 そいでから、1年が春夏秋冬同サイズで4等分されるとすると、やはり今日から立夏までが春ということでいいんじゃなかろうか。

旧暦

ちょっと調べてみた。24節季に雨水というのがあるらしい。それを含む月が旧暦 *1 1月らしい *2 。 旧暦は太陰太陽暦で、月は文字どおり月に同期し、新月日が毎月1日。雨水は立春の次で、24節季を厳密に太陽年を24等分して計算してみる *3 と、今日の15.ちょい日後。 となると、19日頃が今年の雨水になる。今年の19日の直前の 新月日は2月7日 。で、あるからして旧正月は2月7日。節分は2月3日。大晦日のちょっと前に豆まきをするということか? お、なんか 計算あった ! *1  一口に旧暦と言うのもおかしいみたい *2  ちょっと違うらしい *3  一般に言う旧暦たる天保暦はこういう計算ではないみたい