スキップしてメイン コンテンツに移動

ガソリン高騰の中 燃費向上へ“特効薬” AT車レバー 切り替え装置

「ニュートラン」と名付けられた装置

もさいぞ...

加速後、速度を一定に保つためアクセルペダルから足を離すと、装置と変速機をつなぐワイヤが働き、
シフトレバーが自動的にドライブ(D)からニュートラル(N)に入る。Nだと、エンジンと変速機が切り離され、慣性で走るため、
��のみで走行するよりも燃料の消費を抑えられるという。

燃費より、命の方が大事だぞ...

ただ、ある自動車の制御システムメーカーは「停車中にDからNになるシステムは一般的だが走行中になるのは聞いたことがない。
走行中にNになるとタイヤに駆動力がかからず、制御できなくなる恐れもある」と安全性の問題点を指摘した。

おっしゃるとおりだとおもうぞ...



コメント

  1. 普通のAT車はNで走り続けるとオイルが回らなくて変速機も壊しちゃいますよね。ニュートランwでは何か対策してるのかな。

    返信削除
  2. 対策されてないかとw

    返信削除
  3. なんとなく2008年8月6日 8:24

    日本のAT車にはあるのかわからんが、かの国のにはスピード維持モードなんてあって、そのボタンを押すとそのときのスピードがブレーキを踏むまでアクセルを離しても維持された。それはそれで意思とは関係なく上り坂などではスロットルを開かれたりして恐いものがあった。

    返信削除
  4. それは、クルコンというやつなのかなぁ

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

日産 K6384-C9910

HC308/508/309/509にバックカメラ、サイドブラインドモニタ、AV入力を繋ぐみたいなハーネス。 サイドブラインドモニタ入力はやはりB41B5-89900にぴったり。バックカメラ入力はClarion方式緑の5Pカプラ。AV入力は何が挿せるのかわからない。 HC308/508以降はClarionというよりもXanaviそのものみたいなので、まったく役にたたなかったTT 購入価格 5,000 円

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!