スキップしてメイン コンテンツに移動

旧暦

ちょっと調べてみた。24節季に雨水というのがあるらしい。それを含む月が旧暦*11月らしい*2

旧暦は太陰太陽暦で、月は文字どおり月に同期し、新月日が毎月1日。雨水は立春の次で、24節季を厳密に太陽年を24等分して計算してみる*3と、今日の15.ちょい日後。

となると、19日頃が今年の雨水になる。今年の19日の直前の新月日は2月7日。で、あるからして旧正月は2月7日。節分は2月3日。大晦日のちょっと前に豆まきをするということか?

お、なんか計算あった

*1 一口に旧暦と言うのもおかしいみたい

*2 ちょっと違うらしい

*3 一般に言う旧暦たる天保暦はこういう計算ではないみたい

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

今日の都電

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!