スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 4, 2007の投稿を表示しています

オートライト

適当なCdSと適当な抵抗を適当につないで試してみよう! その前にヘッドライトレベライザ配線してと。 さて....... CdSセルなくしたっTT 85円もしたのにっ 常時点灯より常時消灯の方がマシなので、とりあえず直結...

ヘッドライトキセノン化(レベライザ増線編)

1 IPDM E/R19番端子がレベライザ電源出力なのでヘッドライトの2番端子までひっぱる。 2 茶色いカプラに入れた赤い線。場所は写真で左側段下から2番目。このレベライザ電源は回路図上では助手席側ヘッドライトのLo電源(つまりキセノンの場合は点灯中常に給電)そのものを分岐しているだけなので、ヘッドライトassyのハーネスを加工して分岐した方が得策だと思われます。 3 IPDM/ERのケースから外へ線を引き出し。標準のハーネスが通ってる場所しか穴がないので、ケースの勘合部をすこし削って外へ。バッテリとIPDM E/Rの間にあるのは完成した配線。 4 レベライザスイッチの配線はグローブボックス裏、写真の右端のカプラ3段積みになってる中の真ん中、24番端子まできている。カプラの奥(オス端子)が車室、手前(メス端子)がエンジンルーム行き。目的の端子は、一番右上。 5 このカプラ用のターミナルが手に入らなかったので、ついにエレクトロタップで結線。ツメを2箇所コジればブロックごと外れるので裏から。 6 エンジンルームへの引き込みは車両のハーネスが通ってるゴムを千枚通しでブス。 7 保護チューブに入れて適当に配線。運転席側。 8 助手席側。 真昼間なのでどうなったのかはよく分からないけど、レベライザの作動音がすることまでは確認。