スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 18, 2007の投稿を表示しています

DocoMomo

イイワ コレ system_release を親環境から決める system_release_url のかわりに親環境の yumdownloader を使う yum install のかわりに yumdownloader --resolve; rpm -ivh --excludedocs する yumdownloader が yum 3.0.3 で動かない && python書けないので yum shell で solve る までやったところで # Erase unused language resources find ./initrd/etc/X11/xinit/lang.d -not -name 'ja_JP.*' -print |\ xargs rm -f find: ./initrd/etc/X11/xinit: No such file or directory ls `find ./initrd/etc -name '*.ja*' -print -or -name '*-ja*' -print |\ sed 's/ja/*/'` | egrep -v '[.-](ja|iso-8859-1|c|C|utf-8)' | xargs rm -f がーん

おぉ、ずんださん

おぉ、ずんださん excludedocs rpm -ivh --root=/mnt hogehoge-release.rpm (hogehoge-release-notes.note.rpm) yum install --installroot=/mnt kernel でフェッチされたパッケージを rpm -ivh --excludedocs でイソストールしたってだけの話であります。