スキップしてメイン コンテンツに移動

Missing Dependency

# yum list python-elementtree
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up repositories
Loading mirror speeds from cached hostfile
Reading repository metadata in from local files
Installed Packages
python-elementtree.i386                  1.2.6-5.el4.centos     installed
Available Packages
python-elementtree.i386                  1.2.6-5                base

installed は CentOS4 のもの。base に見えてるのは CentOS5のもの。
CentOS5のものの方がrpm的にバージョンが古いので更新対象にならない。

他のパッケージなら一回 rpm -e するとかなんとかでなんとでもなるけれども yum が依存しているものを rpm -e すると yum が動かなくなる。よって、お手上げ。*1

mphはバージョンは(あまり)見ないでレポジトリを正*2として見ていたのでこういう場合も通る。

というか、 el5.centos をちゃんとつけといてくれればいいんだけど。*3

*1 yum にパッケージの fetch だけやらせて rpm -Uvh --force /var/cache/yum/*/packages/*.rpmここで止まったらムリじゃん...

*2 リポジトリのものとローカルのもののハッシュを比較して一致しなければインストール

*3 fedoraにはバージョン移行時にepochつけずに巻き戻されていて永遠にupdateがかからないハメになるパッケージも実在したり。

コメント

このブログの人気の投稿

BCM交換(失敗編)

1 20S左側オートスライド+インテリキー用から
20G,RX左側オートスライド+インテリキー用にBCMを交換する。
バッテリマイナス外すのも含めてものの数分。
楽勝ですな。

2 作動チェック。
Hiビーム動作する。うんうん。

3 リモコン、ドア等も正常、オートライトも動作する。
センサーついてないから常時消灯->常時点灯にかわっただけだけど。

4 いいかんじなので車庫にもどそうとしてイグニッションノブ捻ると、セルが回らないことが発覚。

5 ドキドキしながら旧BCMに戻す。
エンジン始動。ふぅ。

6 インテリキー仕様の始動にBCM関係なさそうなんだけどなぁ。ノブも回らないではなくてstart位置まで回ってセルが回らないという状態だし。うーむ。
あ、イモビの赤インジケータ点いてないね...

7 インテリキーはコントローラ別体なのでちゃんと動作していたけれども、イモビがBCM交換するとダメらしい。
木曜日にディーラにイモビの設定お願いする。
問題は新BCMだと自走できないのでディーラにBCM交換も依頼しなければならないあたり。

8 で、すんなり再設定できて動けばいいんだけど...

今日の都電