スキップしてメイン コンテンツに移動

Missing Dependency

# yum list python-elementtree
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up repositories
Loading mirror speeds from cached hostfile
Reading repository metadata in from local files
Installed Packages
python-elementtree.i386                  1.2.6-5.el4.centos     installed
Available Packages
python-elementtree.i386                  1.2.6-5                base

installed は CentOS4 のもの。base に見えてるのは CentOS5のもの。
CentOS5のものの方がrpm的にバージョンが古いので更新対象にならない。

他のパッケージなら一回 rpm -e するとかなんとかでなんとでもなるけれども yum が依存しているものを rpm -e すると yum が動かなくなる。よって、お手上げ。*1

mphはバージョンは(あまり)見ないでレポジトリを正*2として見ていたのでこういう場合も通る。

というか、 el5.centos をちゃんとつけといてくれればいいんだけど。*3

*1 yum にパッケージの fetch だけやらせて rpm -Uvh --force /var/cache/yum/*/packages/*.rpmここで止まったらムリじゃん...

*2 リポジトリのものとローカルのもののハッシュを比較して一致しなければインストール

*3 fedoraにはバージョン移行時にepochつけずに巻き戻されていて永遠にupdateがかからないハメになるパッケージも実在したり。

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

今日の都電

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!