スキップしてメイン コンテンツに移動

「安易なクリックは危険」IPAが不正請求に注意呼びかけ

「安易なクリックは危険」IPAが不正請求に注意呼びかけ
IPAに寄せられた「ワンクリック不正請求」に関する相談が369件に上り、8月の330件を超えて過去最高を記録した。


勝手な能書きが楽しめるだけで実際に請求されるわけじゃないんだから、何が危険なんだろうか?と思いきや、


IPAによると、相談の中でも特に多いのが、請求書が表示されて消えない事例。これはウイルス感染によるもので、アダルトサイトなどの危険なサイ
ト内を安易にクリックし続けるという、ユーザーの興味本位による操作が原因だと指摘している。


請求じゃなくて謎のexeを実行した結果が危険ということね。そんなの、ウィルスほげほげとか、Windowsの警告機能とかあるじゃんねぇ。と思いきや、


請求書を表示するウイルスに感染するまでの典型例を紹介。例えば、無料動画の再生ボタンをクリックしても、動画が再生されず、「ファイルのダ
ウンロード - セキュリティの警告」画面が表示された場合には先に進まないよう求めている。また、上記の警告画面で「保存」ボタンなどをクリッ
クしていったんPCに保存したファイルを実行しようとする際も、セキュリティの警告画面が表示されることを示し、ファイルの発行元が「不明な発
行者」の場合は実行しないよう呼びかけている。


ひひひひ


 IPAに寄せられる相談の中には、「画面を見ただけで、勝手に表示された」「軽い気持ちで閲覧しただけで、何もしていない」という人がいると
いう。


不思議なのは、なんでこういう人たちがIPAなんてものを知っていて相談窓口なんてものも知っていて、さらに相談しようという思考が出てくるのか。というとこだなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

今日の都電

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!