スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2007の投稿を表示しています

findのえらー

それぞれのfindがまっちしない場合、上段のものは
`echo ""` | xargs rm -f == rm -f == ホッ 下段のものは
ls `echo "" | sed 's/ja/*/'` | egrep -v '[.-](ja|iso-8859-1|c|C|utf-8)' | xargs rm -f like ls | egrep -v '[.-](ja|iso-8859-1|c|C|utf-8)' | xargs rm -f like ls | xargs rm -f == [dora@kitty docomomo-0.1.14]$ vi Makefile "Makefile" [New File] 0,0-1 All キャー
というさまを表しています

DocoMomo

イイワコレ


system_release を親環境から決める system_release_url のかわりに親環境の yumdownloader を使う yum install のかわりに yumdownloader --resolve; rpm -ivh --excludedocs する yumdownloader が yum 3.0.3 で動かない && python書けないので yum shell で solve る

までやったところで


# Erase unused language resources find ./initrd/etc/X11/xinit/lang.d -not -name 'ja_JP.*' -print |\ xargs rm -f find: ./initrd/etc/X11/xinit: No such file or directory ls `find ./initrd/etc -name '*.ja*' -print -or -name '*-ja*' -print |\ sed 's/ja/*/'` | egrep -v '[.-](ja|iso-8859-1|c|C|utf-8)' | xargs rm -f

がーん

USBメモリ

initrd を --with=usb_storage で作り直して initrd の中を覗いて ahci なりを modprobe してるところをコメントアウト その状態でUSBメモリから起動して initrd を作り直す ラベル貼っとけばこの作業<%= fn 'ディスクにsda喰われると思われるから' %>もいらんかな その他は普通に手動インストールするのといっしょ yum install kernel で引っ張ってきたもの を --excludedocs でイソストールして、yum install yum して、あとは起動後足りないものをちょこちょこと。 [dora@mimy ~]$ df -k Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on /dev/sda1 991752 417000 524372 45% / tmpfs 252976 0 252976 0% /dev/shm

ここがウンコ

ネジ欠品 -> めんどくさいから放置 メンテナンス性最悪 -> めったに開けないからいいけど 4Pin電源コネクタからとるPower LED -> メッセージLEDとしては絶対使えないね 光ってるのかが絶対目視できないHDD LED -> 普段見ないからいいけど 爆音FAN -> 手持ちのFANに交換 & lm_sensors で普段は停止 轟音電源 -> 期待はしてなかったけどね... ふんだんにある5"ベイ -> せめて、普通にふさいでてくれればただの空洞なのに.. CPUの上にあいてる穴 -> 穴開いてるだけなら許せるが盛り上がってるから横にぴったり物置けぬ PCI スロットの上にあいてる穴 -> だから、なぜ穴が.. めりめり言うフロントパネル -> フロント下にして置いたらパネル割れそ

i945GTm-VHL

BIOS N/A R1.05 12/5/2006 517.1 KB Update Intel new VBIOS ROM(CAL_1358.DAT), Add EDID 848x480 and 856x480 resolution Fix USB20 controler work fail when resume from S4 mode Support Intel OSB 3.5 spec. Support Intel Celeron M CPU OS Support:WinXP, Win2000 あの、BIOS焼くためだけにWindows入れろと?