スキップしてメイン コンテンツに移動

T42指紋センサを有効にする方法

T42指紋センサを有効にする方法

bioapi,pam_bioapiを入れる。

UPEKのドライバ(TFMESS_BSP_LIN_1.0.zip)をもってきて、sh install.shでもする。


# SERIAL=`BioAPITest | sed -ne "/Fingerprint/{n;n;s/^.*: \(.\{9\}\)\(.\{4\}\)\(.\{4\}\)\(.\{4\}\)\(.*\)/\1-\2-\3-\4-\5/gp}"`
# mkdir -p /etc/bioapi/pam/$SERIAL


TFMESS_BSP_LIN_1.0.zipのNonGUI_Sampleでも実行してユーザ名.birなファイルをでっちあげる。


# cp ユーザ名.bir /etc/bioapi/pam/$SERIAL


/etc/pam.d/system-authにでも


auth       sufficient   /lib/security/pam_bioapi.so {5550454b-2054-464d-2f45-535320425350} /etc/bioapi/pam/
password   sufficient   /lib/security/pam_bioapi.so {5550454b-2054-464d-2f45-535320425350} /etc/bioapi/pam/


こんなの追加。{5550454b-2054-464d-2f45-535320425350} はさっき調べた$SERIAL。



gdmならユーザ名打ってEnterの時点でビックリ..

コメント

このブログの人気の投稿

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。

今日の都電

device-mapper-multipath

Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.837857] device-mapper: table: 253:0: multipath: error getting device Jan 6 00:04:09 ovn2 kernel: [181703.838212] device-mapper: ioctl: error adding target to table Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) Jan 6 00:04:09 ovn2 multipathd: dm-0: remove map (uevent) ぐぬぬ [root@ovn2 multipath]# multipath Jan 06 00:04:16 | ADATA_SX300_2D3920001647: ignoring map [root@ovn2 multipath]# echo "blacklist { > wwid ADATA_SX300_2D3920001647 > }" >> /etc/multipath.conf [root@ovn2 multipath]# service multipathd restart Redirecting to /bin/systemctl restart multipathd.service [root@ovn2 multipath]# multipath [root@ovn2 multipath]# すっきり!