スキップしてメイン コンテンツに移動

x86_64

binutilsとgccのクロス用つくる

クロス環境でモジュールなしのx86コード互換モードつきカーネルつくる

インストール&再起動

x86バイナリ互換なのでそのまま起動する。クロスコンパイラもバイナリ互換なので動く。glibcとかbinutilsとかgccとかを--disable-sharedで作っていれていく。

セルフコンパイルできるようになっているので、rpmが喰ってるものをstaticでコンパイル&インストール

rpm --rebuild とかできるようになりました。rpm -Uvh libxxx で32bitな so が消えてなくなっても困らないように、coreutilsだのsudoだのopenss?だのは早めにつくっておく。

64bitなbase環境確保したところで、長らく野良&staticで放置してきたbinutils,gcc,glibcをrpmb。momonga linux では glibc に gd とか gccにgtkとか必要で結構先はながいっぽい。



コメント

このブログの人気の投稿

今日の都電

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。