スキップしてメイン コンテンツに移動

gconf,gconf-editor


gconf-editorでdescriptionとかでない状態について、GConfへのパッチgconf-editorへのパッチ適用後は、 short long とも description が出るようになる。



GConf の xml backend では、


<entry name="middle_button_action" mtime="1053411694" muser="root" type="schema" stype="int" owner="galeon">
<local_schema locale="C" short_desc="Middle mouse button action">
<default type="int" value="4"/>
<longdesc>What happens when clicking with the middle mouse button not over a link. Options: 0 (Bookmarks menu), 1 (Paste url in new tab), 2 (Go
back), 3 (Gestures), 4 (Automatic scroll), 5 (Manual scroll, like ggv), 6 (Paste in current tab)</longdesc>
</local_schema>
<local_schema locale="ja" short_desc="マウス中央ボタンのアクション">
<default type="int" value="4"/>
</local_schema>
</entry>


なかんじなので、longdesc が翻訳されてなければ取りこぼしてしまう。



gconf-backendのパッチは、~/.gconf に設定があるキーの schema が普通には取得できないのを反則技で修正。



例によって、もし普通に取れる取り方を知ってる方いらっしゃったら教えてください。

コメント

このブログの人気の投稿

今日の都電

このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました

ドメインアカウントのパスワードをWindowsの外部で変更してしまい、 このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました なんてことを言われた場合、 焦らず騒がず、ネットワークを切る 古いパスワードでログインできるようになる ローカルアドミンアカウントを作る ローカルアドミンアカウントでログインする 適当なワークグループを作る ドメインのマシンアカウントの削除用アカウント情報を聞かれるので、ネットワークをつないでから入力する。 再起動を促されるので従う ローカルアドミンアカウントでログインする 元のドメインに参加する ドメインのマシンアカウント作成用のアカウント情報を聞かれるので入力する 再起動を促されるので従う 再起動後、ドメインアカウントでログインできるようになっている。