スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2003の投稿を表示しています

openh323gk

KDDI様から、なんかエラーでてるぞっボケッ!と怒られる。 2003/02/27 14:24:33.158 3 ProxyThread.cxx(477) H245s 192.168.x.x:30002 Error(0): (0) 2003/02/27 14:24:33.234 2 RasSrv.cxx(2042) GK Read from xxx.xxx.xxx.199:1719 2003/02/27 14:24:33.234 3 RasSrv.cxx(2055) GK disengageConfirm { requestSeqNum = 8 } 2003/02/27 14:24:33.235 2 RasSrv.cxx(1933) GK disengageConfirm received and safely ignored 2003/02/27 14:24:33.408 3 ProxyThread.cxx(477) Q931d xxx.xxx.xxx.199:1720 Error(0): (0) 2003/02/27 14:24:33.440 3 ProxyThread.cxx(477) H245d xxx.xxx.xxx.197:55147 Error(0): (0) 2003/02/27 14:24:33.441 3 ProxyThread.cxx(971) ProxyH(0) waiting... 2003/02/27 14:24:33.442 3 ProxyThread.cxx(971) ProxyH(0) waiting... 2003/02/27 14:25:27.999 1 ProxyThread.cxx(1054) ProxyH(0) Close one unused ConnectThread, left 1 これかな。

KDDI-IP電話サービス用宅内機器のプログラム更新のお願い

というのが郵送されてきた。2003年4月の正式サービスの準備のために設備移行を行うらしい。 しかし、 "プログラム更新手順について" を読むに、どー見ても SIP になっている。 この人たちは今までなんの為に H.323 で試験サービスをやってきたのか甚だ疑問である。まさか、 H.323 ステという結論を出す為ではなかろうが。

openh323gk

ARQを転送するときに、端末->自分へ渡されるパスワドのトークンを削除せず、その次のトークンとして自分->gatekeeperのパスワドを付加している。 tokens = 2 entries { [0]={ tokenOID = 0.0 password = xx characters { ................... } } [1]={ tokenOID = 0.0 password = 18 characters { ................... } } } 上のトークンは、自分に登録してある端末のパスワドなので、これでは親gkの認証は通らない。下のトークンは、親が見てくれないので意味はない。(親がパスワドなトークンが複数ある場合、全てをチェックしなければならない義務があるのかどうかは調べないとわからないけど。) パスワドなトークンもipなどと同じく、完全に書き換えてから親gkに投げなければならない気がする。プロキシとして透過型じゃないわけだし。

openh323gk

openh323gk を openh323 1.11.6 で作るパッチopenh323gk に KDDI IP電話形式で認証を投げさせるパッチ /etc/gnugk.ini [Gatekeeper::Main] Fourtytwo=42 TimeToLive=600 [RoutedMode] GKRouted=1 H245Routed=1 CallSignalPort=1720 CallSignalHandlerNumber=2 RemoveH245AddressOnTunneling=1 DropCallsByReleaseComplete=1 SupportNATedEndpoints=1 Q931PortRange=30000-30001 H245PortRange=30002-30003 [Proxy] Enable=1 InternalNetwork=NATの内のネットワークアドレス/マスク T120PortRange=30004-30005 RTPPortRange=30006-30007 KDDIMode=true [Endpoint] Gatekeeper=ゲートキーパーIPアドレス Type=Terminal E164=KDDI-IP電話サービス電話番号 H323ID= #空 Password=KDDI-IP電話IDKDDI-IP電話パスワード #区切りを入れずに連続して。 [GkStatus::Auth] rule=allow

httpd

2.0.44 になりました。 設定は、似ていて非なるものというイヤンなパターンのようです。 とりあえず tdiary は @data_path の所有権を apache さんから dora さんに回収したら動くようになりました。

PIPS

libpng を dlopen してるとこを libpng10 を喰うように。 リンク時に libz も喰うように。 gs は png16m デバイスが扱えないとだめ。 なんか gsconfig でエラーが出るのでゴリゴリ潰す。 /etc/ekpdrc の PrinterDevicePath も /dev/usb/lp0 に。